第17回セマンティックウェブとオントロジー研究会

第17回セマンティックウェブとオントロジー研究会
日時: 2008年2月25日(月)13:00-17:10
会場: 国立情報学研究所 12階会議室(アクセス)
参加費:無料(事前申込は不要です。直接会場へお越しください。)
This hCalendar event brought to you by the hCalendar Creator.

発表資料一括ダウンロード
(ZIP 819KB, updated 2008.02.25 15:00)

13:00-13:10 開会の挨拶
武田英明(国立情報学研究所)

13:10-14:25 特別講演
共催:慶應義塾大学 論理学とフォーマルオントロジーオープンリサーチセンター オントロジー部門
InterOntology08を2/26-27で開催予定です.ぜひご参加ください)

An introduction to formal ontological analysis
Nicola Guarino (ISTC)

Ontological analysis can be defined as the process of eliciting and discovering relevant distinctions and relationships bound to the very nature of the entities involved in a certain domain. In this talk I will review the basic conceptual tools we can use for ontological analysis, based on general notions such as essence, identity, unity, dependence, quality, quantity, constitution (the main chapters of so-called "Formal Ontology"), mentioning as well the role of Linguistic Analysis, based on the analyisis of differences and similarities in linguistic structures. I will show how understanding and formalizing these distinctions has a big impact on the quality of information systems, especially in the light of interoperability issues. I will conclude with a plea for "ontology-aware" new-generation representation formalisms, built on general constructs with a clear ontological commitment, differently from current "ontology neutral" formalisms.

14:25-14:50 SIG-SWO-A702-01
OWLによる型付き単一化代入
小出誠二, 武田英明 (国立情報学研究所, 総合研究大学院大学)
単一化代入(ユニフィケーション)は,一階述語論理やプラニングなどで用いられる推論の基礎技術である.OWLで書かれたドメインオントロジーを用いてアプリケーションを開発しようとすると,OWLクラスで型付けされた論理変項を対象とした単一化代入操作が必要となる.本論文では,OWLによる型付き単一化のアルゴリズムと実装の結果について報告する.
発表資料: (85.3KB, updated 2008.02.26 20:00)

14:50-15:05 休憩

15:05-15:40 SIG-SWO-A702-02
ロール概念の成立条件とis-a関係の依存性についての基礎的分析
上田俊夫 (北陸先端科学技術大学院大学), 山口高平 (慶應義塾大学), 池田満 (北陸先端科学技術大学院大学)
我々はオントロジー構築支援のために,概念定義パターンと定義依存関係指摘ルールをシステム知識として利用してオペレーショナルな支援ができる支援環境の開発を検討している.その検討に当たって,ロール概念の成立状況の分類とis-a関係の依存関係の分類の2点を検討した.本稿では,その検討結果と結果を反映したシステム知識である概念化アスペクトとis-a関係峻別ルールについて説明する.
発表資料: (215.9KB, updated 2008.02.23 20:00)

15:40-16:15 SIG-SWO-A702-03
ロール理論の拡張によるインスタンス生成・消滅問題の考察
遠藤諭, 古崎晃司, 溝口理一郎 (大阪大学)
本発表では、ロール概念のインスタンスの生成・消滅の取り扱いを中心としたオントロジーに基づくインスタンス管理問題の考察を通し、コンテキストやプレイヤーへの依存に依存したロール概念の生成・消滅、構成ロールの導入など、ロール理論の拡張について議論する。
発表資料: (391.8KB, updated 2008.02.22 00:00)

16:15-16:40 SIG-SW4O-A702-04
Network-Centric Healthcare Ontology Model
萩原孝信 (日本大学大学院), 五太子政史 (情報セキュリティ大学院大学)
According to the Health Promotion Law executed from 2008, it would be discussed critically more sophisticated robust healthcare database and data mining between healthcare providers and clients in the aspect of asymmetry in healthcare. We propose an innovative concept of Network-Centric-Healthcare ontology model using shared situation awareness and self-synchronization.
発表資料: (107.3KB, updated 2008.02.22 00:00)

16:40-17:05 SIG-SWO-A702-05
特許情報における発明者群と単語群の階層構造
飯野由里江 (九州大学大学院), 山田泰寛, 廣川佐千男 (九州大学)
単語の文書頻度による単語間の順序関係に基く概念グラフを使って特許情報における発明者群と単語群の階層構造を構成し、企業や分野ごとの研究開発体制の分析手法を提案する
発表資料: (74.6KB, updated 2008.02.22 00:00)

17:05-17:10 閉会の挨拶