研究業績リスト

                          2018年8月5日現在

古崎 晃司


学術雑誌論文(査読有)

1. 環境・サステイナビリティ領域におけるドメイン知識間の因果論理構築支援ツールの開発
熊澤輝一,古崎晃司, 人工知能学会論文誌, 33(3), p. E-SGAI04_1-13, 2018

2. 分類観点毎の概念階層の包括的な比較に基づくオントロジー品質向上支援システムの開発
増田 壮志,古崎晃司,駒谷 和範, 人工知能学会論文誌, 33(2), p. B-H82_1-10, 2018

3. GPS移動履歴の収集とオープンデータを用いた移動軌跡のLOD国際会議ISWC2016 における実証実験を例として
古崎晃司 , 横山輝明, 深見嘉明, デジタルプラクティス, 9(1), pp.138-163, 2018

4. A Semi-Automatic Framework to Identify Abnormal States in EHR Narratives
Xiaojun Ma, Takeshi Imai, Emiko Y. Shinohara, Ryota Sakurai, Kouji Kozaki, Kazuhiko Ohe, Stud Health Technol Inform, 245, pp.910-914, 2017

5. Disease Compass -A Navigation System for Disease Knowledge based on Ontology and Linked Data Techniques
Kouji Kozaki , Yuki Yamagata, Riichiro Mizoguchi, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe, Journal of Biomed Sem, 8(1), 22, 2017

6. Disease Compass- A Navigation System for Disease Knowledge based on Ontology and Linked Data Techniques
Kouji Kozaki , Yuki Yamagata, Riichiro Mizoguchi, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe, J. of Biomed Sem, 19;8(1):22, 2017. doi: 10.1186/s13326-017-0132-2.

7. 概念階層の比較に基づくオントロジー品質向上支援手法
増田壮志, 古崎晃司, 人工知能学会論文誌, 32(2), p.E-G71_1-10, 2017

8. 生物規範工学オントロジーとLinked Data に基づくキーワード探索
古崎晃司 , 來村徳信, 溝口理一郎, 人工知能学会論文誌, 31(1), p.LOD-D_1-12, 2016

9. 疾患知識統合に向けた異常状態オントロジーのLinked Data
山縣友紀, 古崎晃司, 今井健, 大江和彦, 溝口理一郎, 人工知能学会論文誌, 31(1), p.LOD-A_1-15, 2016

10. Families of roles: A new theory of occurrent-dependent roles
Riichiro Mizoguchi, Antony Galton, Yoshinobu Kitamura, Kouji Kozaki, Applied Ontology, 10(3-4), pp.367-399, 2015

11. An ontological modeling approach for abnormal states and its application in the medical domain
Yuki Yamagata, Kouji Kozaki, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe, Riichiro Mizoguchi, J. of Biomed Sem, 5(1), 14pages, 2014

12. 医療知識基盤の構築に向けた疾患オントロジーの Linked Open Data
古崎晃司 ,山縣友紀,国府裕子,今井健,大江和彦,溝口理一郎, 人工知能学会論文誌,29(4),pp.396-405, 2014

13. 疾患における異常状態オントロジーの構築
山縣友紀,古崎晃司,今井健,大江和彦,溝口理一郎, 医療情報学, 34(3), pp.101-117, 2014

14. Protein Experimental Information Management System (PREIMS) Based on Ontology: Development and Applications
Junko Sato, Kouji Kozaki, Susumu Handa, Takashi Ikeda, Ryotaro Saka, Kohei Tomizuka, Yugo Nishiyama, Toshiyuki Okumura, Shinichi Hirai, Tadashi Ohno, Mamoru Ohta, Susumu Date, Haruki Nakamura, IPSJ Transactions on Bioinformatics, 6, pp.9-17, 2013

15. 視点に基づくis-a階層の動的生成
古崎晃司 ,日原圭佑,溝口理一郎, 人工知能学会論文誌, 27(3), pp.235-244, 2012

16. 実践的なオントロジー開発に向けたオントロジー構築・利用環境「法造」の拡張- 理論編 -
太田衛, 古崎晃司, 溝口理一郎, 人工知能学会論文誌, 26(2), pp.387-402, 2011

17. 実践的なオントロジー開発に向けたオントロジー構築・利用環境「法造」の拡張- 実践編 -
太田衛, 古崎晃司, 溝口理一郎, 人工知能学会論文誌, 26(2), pp.403-418, 2011

18. 性質データの相互運用のための性質・属性・特性に関する考察ナノテク材料分野の性質記述を例として
垂見晋也,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎, 人工知能学会論文誌, 25(5), pp.579-592, 2010

19. The RIKEN integrated database of mammals
Hiroshi Masuya, Yuko Makita, Norio Kobayashi, Koro Nishikata, Yuko Yoshida, Yoshiki Mochizuki, Koji Doi, Terue Takatsuki, Kazunori Waki, Nobuhiko Tanaka, Manabu Ishii, Akihiro Matsushima, Satoshi Takahashi, Atsushi Hijikata, Kouji Kozaki, Teiichi Furuichi, Hideya Kawaji, Shigeharu Wakana, Yukio Nakamura, Atsushi Yoshiki, Takehide Murata, Kaoru Fukami-Kobayashi, Sujatha Mohan, Osamu Ohara, Yoshihide Hayashizaki, Riichiro Mizoguchi, Yuichi Obata, Tetsuro Toyoda, Nucleic Acids Res. , 39, D861-D870, 2010

20. Toward Knowledge Structuring of Sustainability Science Based on Ontology Engineering
Terukazu Kumazawa, Osamu Saito, Kouji Kozaki, Takanori Matsui, Riichiro Mizoguchi, Sustainability Science, 4(1), pp.99-116, 2009.

21. 機能発揮・製造プロセス知識統合的記述枠組みに基づくナノテク材料設計支援システムの開発
垂見晋也,古崎晃司,來村徳信,田中秀和,溝口理一郎, 人工知能学会論文誌, 23(1), pp.36-49, 2008

22. The Model of Roles within Ontology Development Tool:Hozo
Riichiro Mizoguchi, Eiichi Sunagawa, Kouji Kozaki, Yoshinobu Kitamura, Applied Ontology, 2(2), pp.159-179, 2007
23. コンテキスト依存性に基づくロール概念組織化の枠組み
砂川英一,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎, 人工知能学会論文誌, 20(6), pp.461-472, 2005

24. オントロジーに基づく機能的知識の体系的記述とその機能構造設計支援における利用
來村徳信,笠井俊信,吉川真理子,高橋賢,古崎晃司,溝口理一郎, 人工知能学会論文誌, 17(1), pp.73-84, 2002

25. 「ロール」および「関係」に関する基礎的考察に基づくオントロジー記述環境の開発
古崎晃司 ,來村徳信,池田満,溝口理一郎, 人工知能学会論文誌, 17(3), pp.196-208, 2002

26. オントロジー構築・利用環境「法造」の開発と利用−実規模プラントオントロジーを例として−
古崎晃司 ,來村徳信,佐野年伸,本松慎一郎,石川誠一,溝口理一郎, 人工知能学会論文誌, 17(4), pp.407-419, 2002

27. タスク・ドメインロールに基づくオントロジー構築ガイドシステムの設計と開発−石油精製プラントを例として−
石川誠一,久保成毅,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎, 人工知能学会論文誌, 17(5), pp.585-597, 2002

国際会議論文(査読有)

国際会議の予稿集が学術雑誌として出版されたもの

1. Refined JST Thesaurus Extended with Data from Other Open Life Science Data Sources
Tatsuya Kushida, Yuka Tateisi, Takeshi Masuda, Katsutaro Watanabe, Katsuji Matsumura, Takahiro Kawamura, Kouji Kozaki, Toshihisa Takagi, Semantic Technology:JIST2017, LNCS, 10675, pp. 35-48, 2017

2. Semantic Graph Analysis for Federated LOD Surfing in Life Sciences
Atsuko Yamaguchi, Kouji Kozaki, Yasunori Yamamoto, Hiroshi Masuya, Norio Kobayashi, Semantic Technology: JIST2017, LNCS, 10675, pp. 268-276, 2017

3. Linked Urban Open Data Including Social Problems’ Causality and Their Costs
Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Kouji Kozaki, Akihiko Ohsuga, Semantic Technology: JIST2017, LNCS, 10675, pp. 334-349, 2017

4. Semantic Data Acquisition by Traversing Class-Class Relationships over Linked Open Data
Atsuko Yamaguchi, Kouji Kozaki, Kai Lenz, Yasunori Yamamoto, Norio Kobayashi, Semantic Technology: JIST2016, LNCS, 10055, pp. 136-151, 2016

5. Efficiently Finding Paths Between Classes to Build a SPARQL Query for Life-Science Databases
Atsuko Yamaguchi, Kouji Kozaki, Kai Lenz, Hongyan Wu, Yasunori Yamamoto, Norio Kobayashi, Semantic Technology: JIST2015, LNCS, 9544, pp.321-330, 2015

6. A Keyword Exploration for Retrieval from Biomimetics Databases
Kouji Kozaki , Riichiro Mizoguchi, Semantic Technology: JIST2014, LNCS, 8943, pp.361-377, 2014

7. Choosing Related Concepts for Intelligent Exploration
Kouji Kozaki , Semantic Technology: JIST2014, LNCS, 8943, pp.378-386, 2014

8. An Information Literacy Ontology and Its Use for Guidance Plan Design - An Example on Problem Solving
Kouji Kozaki , Hiroko Kanoh, Takaaki Hishida, Motohiro Hasegawa, Semantic Technology: JIST2014, LNCS, 8943, pp.87-93, 2014

9. Publishing a Disease Ontologies as Linked Data
Kouji Kozaki , Yuki Yamagata, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe, Riichiro Mizoguchi, Semantic Technology: JIST2013, LNCS, 8388, pp.110-128, 2013

10. Ontological Modeling of Interoperable Abnormal States
Yuki Yamagata, Hiroko Kou, Kouji Kozaki, Riichiro Mizoguchi, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe, Riichiro Mizoguchi, Semantic Technology: JIST2012, LNCS, 7774, pp.33-48, 2012

11. A Model of Derived Roles
Kouji Kozaki , Yoshinobu Kitamura, Riichiro Mizoguchi, The Semantic Web. Latest Advances and New Domains: EKAW 2012, LNCS, 7603, pp.227-236, 2012

12. Dynamic is-a Hierarchy Generation System based on User's Viewpoint
Kouji Kozaki , Keisuke Hihara, Riichiro Mizoguchi, The Semantic Web: JIST 2011, LNCS, 7185, pp.96-111, 2012

13. Understanding an Ontology through Divergent Exploration
Kouji Kozaki , Takeru Hirota, Riichiro Mizoguchi, The Semantic Web: Research and Applications: ESWC2011, LNCS, 6643, pp.305?320, 2011

14. Practical Considerations on Identity for Instance Management in Ontological Investigation
Kouji Kozaki , Satoshi Endo, Riichiro Mizoguchi, Knowledge Engineering: Practice and Patterns: EKAW2010, LNAI, 6317, pp.16-30, 2010

15. Understanding Semantic Web Applications
Kouji Kozaki , Yusuke Hayashi, Munehiko Sasajima, Shinya Tarumi, Riichiro Mizoguchi, The Semantic Web: ASWC2008, LNCS, 5367, pp.524-539, 2008

16. Instance Management Problems in the Role Model of Hozo
Kouji Kozaki , Satoshi Endo, Riichiro Mizoguchi, PRICAI 2008: Trends in Artificial Intelligence, LNAI, 5351, pp.614-625, 2008

17. Role Organization Model in Hozo
Eiichi Sunagawa, Kouji Kozaki, Yoshinobu Kitamura, Riichiro Mizoguchi

Managing Knowledge in a World of Networks: EKAW2006, LNCS, 4248, pp.67-81, 2006

18. An Environment for Distributed Ontology Development Based on Dependency Management
Eiichi Sunagawa, Kouji Kozaki, Yoshinobu Kitamura, Riichiro Mizoguchi

The Semantic Web - ISWC 2003, LNCS, 2870, pp.453-468, 2003

19. Hozo: An Environment for Building/Using Ontologies Based on a Fundamental Consideration of "Role" and "Relationship"
Kouji Kozaki , Yoshinobu Kitamura, Mitsuru Ikeda, Riichiro Mizoguchi

Knowledge Engineering and Knowledge Management: EKAW2002, LNCS, 2473, pp.213-218, 2002

20. Construction and Deployment of a Plant Ontology
Riichiro Mizoguchi, Kouji Kozaki, Toshinobu Sano, Yoshinobu Kitamura

Knowledge Engineering and Knowledge Management: EKAW2000, LNCS, 1937, pp.113-128, 2000

国際会議での口頭発表論文(上記以外)

21. Urban Problem LOD for Understanding the Problem Structure and Detecting Vicious Cycles
Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Kouji Kozaki, Akihiko Ohsuga, The 12th IEEE International Conference on Semantic Computing (ICSC2018), Feb. 2, 2018
22. Extending A Bioscience Ontology Based on Comparison between Sibling Concepts
Takeshi Masuda, Kouji Kozaki, Tatsuya Kushida, Yuka Tateisi, Katsutaro Watanabe, Katsuji Matsumura, Takahiro Kawamura, Kazunori Komatani, 8th International Conference on Internet Technologies & Society, Dec. 11, 2017
23. Efficient construction of a new ontology for life sciences by subclassifying related terms in the Japan Science and Technology Agency thesaurus
Tatsuya Kushida, Kouji Kozaki, Yuka Tateisi, Katsutaro Watanabe, Takeshi Masuda, Katsuji Matsumura, Takahiro Kawamura, Toshihisa Takagi, The 8th International Conference on Biomedical Ontology (ICBO 2017), 6 pages, Newcastle upon Tyne, UK, Sep. 13-15, 2017

24. Construction of Linked Urban Problem Data with Causal Relations using Crowdsourcing
Shusaku Egami, Takahiro Kawamura, Kouji Kozaki, Akihiko Ohsuga
6th International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI AAI 2017), Hamamatsu, Japan, July 9-13, 2017

25. An Ontological Framework for Representing Topological Information in Human Anatomy
Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe, Emiko Shinohara, Masayuki Kajino, Ryota Sakurai, Kouji Kozaki, Riichiro Mizoguchi, The 7th International Conference on Biomedical Ontology (ICBO2016), 6pages, Corvallis, Oregon, USA, Aug.1-4, 2016

26. Refining JST thesaurus and discussing the effectiveness in life science research
Tatsuya Kushida, Takeshi Masuda, Yuka Tateisi, Katsutaro Watanabe, Katsuji Matsumura, Takahiro Kawamura, Kouji Kozaki, Toshihisa Takagi, International Workshop on Intelligent Exploration of Semantic Data (IESD2016), 12 pages, Kobe, Japan, Oct. 8, 2016.

27. Expanding Science and Technology Thesauri from Bibliographic Datasets using Word Embedding
Takahiro Kawamura, Kouji Kozaki, Tatsuya Kushida, Katsutaro Watanabe, Katsuji Matsumura, The 28th IEEE International Conference on Tools with Artificial Intelligence (ICTAI2016), 8pages, San Jose, CA, USA, Nov. 6-8, 2016.

28. Disease Compass - a Navigation System for Disease Knowledge based on Ontology and Linked Data Techniques
Kouji Kozaki , Yuki Yamagata, Riichiro Mizoguchi, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe, The 6th International Conference on Biomedical Ontology (ICBO2015), 5 pages, Lisbon, Portugal, July 27-30, 2015

29. Development of Ontology for Information Literary
Hiroko Kanoh, Kouji Kozaki, Motohiro Hasegawa, Takaaki Hishida, The 19th International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES2015), pp.170-177, Singapore, Sep.7-9, 2015

30. An Intelligent SPARQL Query Builder for Exploration of Various Life-science Databases
Atsuko Yamaguchi, Kouji Kozaki, Kai Lenz, Hongyan Wu, Norio Kobayashi, The 3rd International Workshop on Intelligent Exploration of Semantic Data (IESD2014), pp.83-94, 2014

31. Multistep Expansion based Concept Search for Intelligent Exploration of Ontologies
Kouji Kozaki , Osamu Saito and Riichiro Mizoguchi, International Workshop on Intelligent Exploration of Semantic Data (IESD2013), Paris, France, May 1, 2013

32. Ontology Exploration Tool for Social, Economic and Environmental Development
Kouji Kozaki , Terukazu Kumazawa, Osamu Saito and Riichiro Mizoguchi, 7th IEEE International Conference on Digital Ecosystems and Technologies (IEEE DEST2013), Menlo Park, California, USA, July 24-26, 2013

33. Identity Tracking of a Disease as a Causal Chain
Kouji Kozaki , Riichiro Mizoguchi, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe, The 3rd International Conference on Biomedical Ontology (ICBO2012), pp.131-136, Graz, Austria, July 21-25, 2012

34. A Consensus-Building Support System based on Ontology Exploration
Kouji Kozaki , Osamu Saito, Riichiro Mizoguchi, International Workshop on Intelligent Exploration of Semantic Data (IESD 2012), Galway City, Ireland, Oct. 9, 2012

35. Dynamic is-a Hierarchy Generation for User Centric Semantic Web
Kouji Kozaki , Keisuke Hihara, and Riichiro Mizoguchi, The Workshop on Ontologies come of Age in the Semantic Web (OCAS2011), Bonn, Germany, Oct. 24, 2011

36. A Quality Assurance Framework for Ontology Construction and Refinement
Mamoru Ohtai, Kouji Kozaki, and Riichiro Mizoguchi, 7th Atlantic Web Intelligence Conference (AWIC2011), pp.207-216, Fribourg, Switzerland, Jan. 26-28, 2011

37. An Extension of an Environment for Building/Using Ontologies "HOZO" Toward Practical Ontology Engineering
Mamoru Ohta, Kouji Kozaki, Riichiro Mizoguchi, The IASTED International Conferences on Informatics 2010 Software Engineering and Applications (SEA 2010), Marina del Rey, USA (SEA2010) ,725-066, Nov. 8-10, 2010

38. Development of Fundamental Technologies for Better Understanding of Clinical Medical Ontologies
Hiroko Kou, Mamoru Ohta, Jun Zhou, Kouji Kozaki, Riichiro Mizoguchi, Kakeshi Imai, Kazuhiko Ohe, The International Conference on Knowledge Engineering and Ontology Development (KEOD2010), pp.235-240, Valencia, Spain, Oct. 25-28, 2010

39. Knowledge Structuring Tool for Sustainability Science Based on Ontology Engineering
Terukazu Kumazawa, Osamu Saito, Kouji Kozaki, Takanori Matsui, Riichiro Mizoguchi, 1st International Workshop on Intelligent Systems for Environmental (Knowledge) Engineering and EcoInformatics (i-SEEK2009), Fukuoka, Japan, Mar. 16-19, 2009

40. An Advanced Clinical Ontology
Riichiro Mizoguchi, Kouji Kozaki, Hiroko Kou, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe, International Conference on Biomedical Ontology (ICBO), Buffalo, NY, USA, pp.119-122, June 24-26, 2009

41. Semantics of the Integrated BioMedical Database Project -A Japanese National Project-
Jun Nakaya, Saburo Sakota, Riichiro Mizoguchi, Kouji Kozaki, Kaei Hiroi, Keisuke Ido, Michio Kimura, Hiroshi Tanaka, The HL7 Interoperability Conference (IHIC2008), Crete, Greece, Oct. 8-10, 2008

42. Development of Contents Management System Based on Light-Weight Ontology
Kouji Kozaki , Yoshinobu Kitamura, Riichiro Mizoguchi, The 2007 IAENG International Conference on Internet Computing and Web Services, Hong Kong, pp.987-992, Mar. 21-23, 2007

43. Distributed Construction of Ontologies Using Hozo
Kouji Kozaki , Eiichi Sunagawa, Yoshinobu Kitamura, Riichiro Mizoguchi, Workshop on Social and Collaborative Construction of Structured Knowledge, 2007

44. Role Representation Model Using OWL and SWRL
Kouji Kozaki , Eiichi Sunagawa, Yoshinobu Kitamura, Riichiro Mizoguchi, 2nd Workshop on Roles and Relationships in Object Oriented Programming, Multiagent Systems, and Ontologies, pp.39-46, Berlin, Germany, July 30-31, 2007

45. A Framework for Cooperative Ontology Construction Based on Dependency Management of Modules
Kouji Kozaki , Eiichi Sunagawa, Yoshinobu Kitamura, Riichiro Mizoguchi, International Workshop on Emergent Semantics and Ontology Evolution (ESOE2007), pp.33-44, Busan, Korea, Nov. 12, 2007

46. Development of a Design Supporting System for Nano-Materials based on a Framework for Integrated Knowledge of Functioning-Manufacturing Process
Shinya Tarumi, Kouji Kozaki, Yoshinobu Kitamura, Hidekazu Tanaka and Riichiro Mizoguchi, The 10th IASTED International Conference Intelligent Systems and Control (ISC2007), pp.446-454, Cambridge, Massachusetts, USA, Nov. 19-21, 2007

47. Fundamental Consideration of Role Concepts for Ontology Evaluation
Kouji Kozaki , Eiichi Sunagawa, Yoshinobu Kitamura, Riichiro Mizoguchi, Evaluation of Ontologies for the Web (EON2006) 4th EON Workshop, Edinburgh, United Kingdom, May 22, 2006

48. Developing Ontology-based Applications using Hozo
Kouji Kozaki , Yoshinobu Kitamura, Riiciro Mizoguchi, The Fourth IASTED International Conference on Computational Intelligence (CI2005), pp. 273-277, 2005

49. A Framework for Organizing Role Concepts in Ontology Development Tool: Hozo
Eiichi Sunagawa, Kouji Kozaki, Yoshinobu Kitamura, Riiciro Mizoguchi, "Roles, an Interdisciplinary Perspective: Ontologies, Programming Languages, and Multiagent Systems", Papers from the AAAI Fall Symposium Technical Report FS-05-08, pp.136-143, Arlington, Virginia, USA, Nov. 4-6, 2005

50. Management of Dependency between Two or More Ontologies in an Environment for Distributed Development
Eiichi Sunagawa, Kouji Kozaki, Yoshinobu Kitamura, Riiciro Mizoguchi, The International Workshop on Semantic Web Foundations and Application Technologies (SWAFT), pp.35-41, Nara, Japan, Mar. 12, 2003

51. An Ontology Editor in Hozo - Treatment of "Role" and "Relationship"-
Kouji Kozaki , Yoshinobu Kitamura, Mitsuru Ikeda, Riiciro Mizoguchi, The Pacific Asian Conference on Intelligent Systems 2001 (PAIS 2001), pp.256-264, Seoul, Korea, Nov. 16?17, 2001

52. Development of an Environment for Building Ontologies Which Is Based on a Fundamental Consideration of "Relationship" and "Role"
Kouji Kozaki , Yoshinobu Kitamura, Mitsuru Ikeda, Riiciro Mizoguchi, The Sixth Pacific Knowledge Acquisition Workshop (PKAW2000), pp.205-221, Sydney, Australia, Dec. 11-13, 2000

国際会議でのポスター・デモ発表論文

53. LOD Surfer API: Web API for LOD Surfing Using Class-Class Relationships in Life Sciences
Atsuko Yamaguchi, Kouji Kozaki, Yasunori Yamamoto, Hiroshi Masuya, Norio Kobayashi, 10th International Conference on Semantic Web Applications and Tools for Health Care and Life Sciences (SWAT4LS2017), Dec.4-7, 2017

54. GPS Trajectory Linked Open Data based on Open POI Information- Through an Experiment in ISWC2016-
Kouji Kozaki , Teruaki Yokoyama and Yoshiaki Fukami, The 16th International Semantic Web Conference (ISWC2017), Vienna, Austria, Oct. 21-25, 2017

55. SPARQL Builder: Constructing SPARQL Query by Traversing Class-Class Relationships for Life Science Databases (poster & demo)
Atsuko Yamaguchi, Kouji Kozaki, Kai Lenz, Yasunori Yamamoto, Hiroshi Masuya, Norio Kobayashi, The 6th Joint International Semantic Technology Conference (JIST2016), Singapore, Nov. 2-4, 2016

56. Ontology Refinement System for Improving Consistency of Classification among Brother Concepts (poster)
Takeshi Masuda, Kouji Kozaki, Kazunori Komatani, The 6th Joint International Semantic Technology Conference (JIST2016), Singapore, Nov. 2-4, 2016

57. RDF-Based Integration with SPARQL Building System for Life Science Database Archive (Poster)
Atsuko Yamaguchi, Katsuhiko Okubo, Norio Kobayashi, Kouji Kozaki, Sadahiro Kumagai, Kai Lenz, Tomoe Nobusada, Hongyan Wu, Yasunori Yamamoto, Hideki Hatanaka, The 2015 Semantic Web Applications and Tools for Life Sciences Conference (SWAT4LS 2015), pp.195-196, Cambridge, England, Dec. 7-10, 2015

58. Data Acquisition by Traversing Class-Class Relationships over the Linked Open Data (Poster)
Atsuko Yamaguchi, Kouji Kozaki, Kai Lenz, Yasunori Yamamoto, Hiroshi Masuya and Norio Kobayashi, The 15th International Semantic Web Conference (ISWC2016), Kobe, Japan, Oct. 17-21, 2016

59. An Ontology Explorer for Biomimetics Database (Poster)
Kouji Kozaki , Riichiro Mizoguchi, The 13th International Semantic Web Conference (ISWC2014), Riva del Garda, Italy, Oct. 19-23, 2014

60. Browsing Causal Chains in a Disease Ontology (Demo)
Kouji Kozaki , Hiroko Kou, Yuki Yamagata, Takeshi Imai, Kazuhiko Ohe, Riichiro Mizoguchi, The 11th International Semantic Web Conference (ISWC2012), Boston, USA, Nov. 11-15, 2012

61. Ontology Mapping of PATO to YATO for the improvement of interoperability of quality description (Poster)
Hiroshi Masuya, Nobuhiko Tanaka, Kazunori Waki, Tatsuya Kushida, Kouji Kozaki, Riichiro Mizoguchi, International Conference on Biomedical Ontology (ICBO), Buffalo, NY, USA, June 24-26, 2009

62. Dynamic is-a Hierarchy Generation from a Clinical Medical Ontology (Demo)
Hiroko Kou, Jun Zhou, Mamoru Ohta, Kouji Kozaki, Kakeshi Imai, Kazuhiko Ohe, Riichiro Mizoguchi, International Conference on Biomedical Ontology (ICBO), Buffalo, NY, USA, June 24-26, 2009

63. Viewpoint Management for Multi-Perspective issues of Ontologies (Demo)
Kouji Kozaki , Takeru Hirota, Hiroko Kou, Mamoru Ohta, Riichiro Mizoguchi, The 8th International Semantic Web Conference (ISWC2009), Washington, DC, Oct. 25-29, 2009

64. Development of a Conceptual Map Generation Tool for Exploring Ontologies (Poster)
Kouji Kozaki , Takeru Hirota, Riichiro Mizoguchi, The 5th European Semantic Web Conference (ESWC 2008), Tenerife, Spain, Jun. 1-5, 2008

65. HOZO: An ontology building environment (Demo)
Riichiro Mizoguchi, Kouji Kozaki, The 9th International Conference of Intelligent Tutoring Systems (ITS08), pp.35-36, Montreal, Canada, Jun. 23-27, 2008

66. Divergent Exploration of an Ontology (Demo)
Takeru Hirota, Kouji Kozaki, Riichiro Mizoguchi, The 7th International Semantic Web Conference (ISWC2008), Karlsruhe, Germany, Oct. 26-30, 2008

67. Hozo: an Ontology Development Environment   -Treatment of "Role Concept" and Dependency Management - (Demo)
Kouji Kozaki , Eiichi Sunagawa, Yoshinobu Kitamura, Riichiro Mizoguchi, The 4th International Semantic Web Conference (ISWC2005), Galway, Ireland, Nov. 6-10, 2005

68. Hozo: Treatment of "Role", "Relationship" and Dependency Management (Demo)
Kouji Kozaki , Eiichi Sunagawa, Yoshinobu Kitamura, Riichiro Mizoguchi, The Second International Semantic Web Conference (ISWC2003), Sanibel Island, FL, USA, Oct. 20-23, 2003

69. Systematization of Nanotechnology Knowledge Through Ontology Engineering A Trial Development of Idea Creation Support System for Materials Design based on Functional Ontology (Poster)
Kouji Kozaki , Yoshinobu Kitamura, Riiciro Mizoguchi, The Second International Semantic Web Conference (ISWC2003), Sanibel Island, FL, USA, Oct. 20-23, 2003

口頭発表(基調講演/招待講演/依頼講演)(査読無)

1. 【依頼講演】Linked Data とオントロジーによるセマンティック技術
第2回情報基盤セミナー「地球環境学の知識デザインにおけるオントロジー工学の活用」,2017年5月29日

2. 【招待講演】Linked Data とオントロジーによるセマンティック技術の実際
2017年度人工知能学会全国大会(第31回)OS-7意味と理解のコンピューティング, 2017年5月24日

3. 【基調講演】関西地域でのオープンデータ活動の広がりと今後の展望−LODLinked Open Data )普及活動を通して−
第6回 自治体オープンデータ推進協議会(関西会議),2017年1月19日

4. 【招待講演】オントロジー強化型シソーラスによる発想の ヒント探し
日本図書館研究会 情報組織化研究グループ月例研究会(大阪), 2016年9月10日

5. 【招待講演】Linked Open Data(LOD) を用いたオープンデータの活用事例と今後の展望
オープンデータフォーラムin橋本, 2016年3月24日

6. 【招待講演】Linked Open Data (LOD) による地域情報の公開と活用
ICTSFCワークショップ in 大阪「データ駆動X認証連携」が誘発するICT社会イノベーション,
2015年10月28日

7. 【招待講演】Linked Open Data(LOD) の動向と今後の展望
日本大学経済学部産業経営研究所 公開月例研究会第284回, 2015年6月18日

8. 【招待講演】疾患コンパス−疾患オントロジーとLinked Data 技術に基づく疾患知識のナビゲーション−
第361回CBI学会講演会「臨床情報の創薬R&Dにおける活用〜情報の集積・統合・解析〜」,2015年4月24日

9. 【依頼講演】「PUSH大阪」の紹介
ICTを活用した新たな情報発信手法についての職員勉強会,2015年5月21日

10. 【基調講演】シビックテックにとってのオープンデータ
関西オープンデータEXPO’15, 2015年2月11日

11. 【依頼講演】Linked Open Data(LOD) の基礎と活用
情報活動研究会(INFOMATES)第25回研究会,2015年1月16日

12. 【依頼講演】 Ontology Building and its Application using Hozo,
The 4th Joint International Semantic Technology (JIST2014), Chiang Mai, Thailand, Nov. 9, 2014

13. 【依頼講演】オープンデータのメリットと 大阪での活用事例
大阪市役所オープンデータ勉強会,2014年11月7日

14. 【招待講演】オントロジー工学に基づく知識の体系化と利用
JASPIC研究員合宿,2014年5月30日

15. 【招待講演】地籍情報の構造化に向けて-オントロジー工学およびLinked Open Data によるアプローチからの一考察-
情報知識学会第21回年次大会,シンポジウム「東北大震災と地籍情報」,2013年5月25日

16. 【基調講演】 Ontology Engineering for Big Data
Ontology and Semantic Web for Big Data (ONSD2013) Workshop in the 2013 International Computer Science and Engineering Conference (ICSEC2013), Bangkok, Thailand, Sep. 5, 2013

17. 【依頼講演】オントロジー工学的観点から見たLinked Open Data の国際動向
JEITA知識情報処理技術専門委員会,2011年11月29日

18. 【招待講演】専門性の高い領域での大規模オントロジー構築
第21回Webインテリジェンスとインタラクション研究会,2011年11月7日

19. 【招待講演】ドメインオントロジーの構築と利用
第14回情報知識学フォーラム「言語資源の展開:ターミノロジー、オントロジー、シソーラス」, 2010年2月27日

20. 【招待講演】オントロジー利用研究の事例分析
NLP2007 併設ワークショップ 言語的オントロジーの構築・連携・利用,2007年3月23日

21. 【招待講演】オントロジー構築入門:よりよいオントロジー構築のための考え方と指針
日本図書館研究会 整理技術研究グループ 月例研究会,大阪,2006年11月18日

22. 【招待講演】オントロジー構築ツールの現状
第20回AIシンポジウム,2005年4月25日

23. 【依頼講演】法造-オントロジーエディタ -を用いたオントロジー構築入門
INSTACユビキタス情報アクセス技術分科会WG2,2005年9月1日

24. 【依頼講演】法造- オントロジーエディタを用いたオントロジー構築
INTAP平成17年度 第4回次世代Web委員会,東京,2005年7月15日

口頭発表(国内学会)(査読無)

1. 1回ナレッジグラフ推論チャレンジ 2018〜解釈可能な人工知能を目指して〜
川村隆浩,江上周作,長野伸一,大向一輝,森田武史,山本泰智,古崎晃司, 2018年度人工知能学会全国大会(第32回),2018年6月5日-8日

2. LOD Surfer API: クラス間関係に基つ゛く LOD 探索のためのウェフ゛ API
山口敦子,小林紀郎,桝屋啓志,山本泰智,古崎晃司, 2018年度人工知能学会全国大会(第32回),2018年6月5日-8日

3. 視点依存オープンデータの大規模作成支援ツール
桝屋啓志,古崎晃司,溝口理一郎, 2018年度人工知能学会全国大会(第32回),2018年6月5日-8日

4. Linked Open Dataを利用した単語極性予想によるレビュー感情分析
山元悠太, 古崎晃司, 駒谷和範, 言語処理学会第24回年次大会(NLP2018),2018年3月12日-16日

5. 都市問題LOD と推論規則を用いた悪循環の発見
江上周作, 川村隆浩, 古崎晃司, 大須賀昭彦, 第44回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2018年3月18日-19日

6. LOD Surfer API: クラス間関係を用いた LODからの情報抽出Web API
山口敦子, 小林紀郎, 臼田大輝, 桝屋啓志, 山本泰智, 古崎晃司, 第44回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2018年3月18日-19日

7. オントロジー化した科学技術用語シソーラスによる生物学的機能、ロールの推論
櫛田達矢,古崎晃司,増田壮志,建石由佳,渡邊勝太郎,松邑勝治,川村隆浩,高木利久, 第43回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2017年11月25日

8. 兄弟概念の比較に基づくバイオサイエンスオントロジーのプロパティ推定手法
増田壮志,古崎晃司,櫛田達矢,建石由佳,渡邊勝太郎,川村隆浩,駒谷和範, 第43回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2017年11月25日

9. 社会課題における因果関係を表すLinked Data の半自動的な構築手法の提案
江上周作,川村隆浩,古崎晃司,大須賀昭彦, 2017年度人工知能学会全国大会(第31回),2017年5月23日-5月26日

10. 分類観点に沿った概念階層全体の比較によるオントロジー品質向上手法の提案
増田壮志,古崎晃司,駒谷和範, 2017年度人工知能学会全国大会(第31回),2017年5月23日-5月26日

11. オントロジーに基づくドメインを横断した個別知識間の因果論理構築支援に関する考察

熊澤輝一,古崎晃司, 2017年度人工知能学会全国大会(第31回),2017年5月23日-5月26日

12. ドメイン注目概念の選択による問題領域の知識構造の比較−環境・サステイナビリティ領域を対象に
熊澤輝一,古崎晃司, 第41回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2017年2月26日-27日

13. 国際会議参加者の移動履歴の収集とLOD 化の試み
古崎晃司 ,深見嘉明, 横山輝明, 第41回セマンティックウェブとオントロジー研究会, 2017年2月26-27日

14. 放置自転車問題における因果関係を含むLOD の半自動的な構築手法の提案
江上周作,川村隆浩,古崎晃司,大須賀昭彦, 第41回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2017年2月26日-27日

15. Linked Open Data における確率モデルに基づいたリソース間の経路ランキング手法
西田寛章,古崎晃司,駒谷和範, 情報処理学会 第79回全国大会,2017年3月16日-18日

16. 生物規範工学における発想支援のためのKeyword Explorer の評価
鳥村匠,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎,駒谷和範, 第40回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2016年11月10日

17. 自治体広報情報の RSS に基づく地域課題分析の試み
古崎晃司,山本泰智, 2016年度人工知能学会全国大会(第30回),2016年6月6日-6月9日

18. 生物の機能実現方法に基づく発想支援のためのオントロジー構築とガイドラインの提案
鳥村匠, 來村徳信, 古崎晃司, 溝口理一郎, 2016年度人工知能学会全国大会(第30回),2016年6月6日-6月9日

19. 参照関係にあるis-a 階層間の相似性を利用したオントロジー一貫性向上手法の評価
増田壮志, 古崎晃司, 駒谷和範, 2016年度人工知能学会全国大会(第30回),2016年6月6日-6月9日

20. 生物表現型情報と、疾患情報をつなげるデータベース
桝屋啓志, 高山英起, 古崎晃司, 2016年度人工知能学会全国大会(第30回),2016年6月6日-6月9日

21. SPARQL生成支援のためのRDF グラフ構造解析技術の開発
山口敦子, 小林紀郎, 戀津魁, 山本泰智, 古崎晃司, 2016年度人工知能学会全国大会(第30回),2016年6月6日-6月9日

22. 臨床医学オントロジーにおける異常状態と診療情報との自動マッピングに向けた基礎的検討
今井健, 林亜紀, 桜井亮太, 馬驍?, 篠原恵美子, 古崎晃司, 大江和彦, 2016年度人工知能学会全国大会(第30回),2016年6月6日-6月9日

23. 単語意味ベクトルを用いた大規模論文抄録データからの科学技術用語シソーラス拡充手法の提案
川村隆浩, 古崎晃司, 櫛田達矢, 渡邊勝太郎, 木村考宏,松邑勝治, 第38回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2016年2月18日-19日

24. 地域課題分析に向けた自治体広報情報の収集とLOD 化の試み
古崎晃司 , 山本泰智, 第38回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2016年2月18日-19日

25. SPARQLクエリ生成支援のためのクラス間関係提示とメタデータ設計
山口敦子, 小林紀郎, 戀津魁, 山本泰智, 古崎晃司, 第38回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2016年2月18日-19日

26. Linked Open Data を用いた生物規範工学オントロジーの大規模化の試行
多田恭平,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎,駒谷和範, 第36回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2015年7月9日-10日

27. 概念間の関係に注目した専門文書解析とLOD 技術によるバイオミメティクス・オントロジーの大規模化の試み
多田恭平, 古崎晃司, 來村徳信, 溝口理一郎, 2015年度人工知能学会全国大会(第29回),2015年5月30日-6月2日

28. 生物表現型情報と、疾患情報をつなげるデータベース
桝屋啓志, 高山英起, 古崎晃司, 今井健, 大江和彦, 溝口理一郎, 2015年度人工知能学会全国大会(第29回),2015年5月30日-6月2日

29. 生物の機能実現方法に基づく発想支援のためのオントロジー構築とそのガイドラインの提案
鳥村匠, 來村徳信, 古崎晃司, 溝口理一郎, 駒谷和範, 2015年度人工知能学会全国大会(第29回),2015年5月30日-6月2日

30. 参照関係にあるis-a 階層間の相似性を利用したオントロジーの一貫性向上手法の評価
増田壮志, 古崎晃司, 駒谷和範, 2015年度人工知能学会全国大会(第29回),2015年5月30日-6月2日

31. Linked Data 技術による異常状態オントロジーと生命医学系リソースの統合への試み
山縣友紀,古崎晃司,溝口理一郎,今井健,大江和彦,駒谷和範, 第35回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2015年3月23日-24日

32. Is-a 階層間の粒度の差に着目したオントロジー内容洗練支援システムの試作と評価方法の考察
増田壮志,古崎晃司, 第34回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2014年11月20日

33. 情報リテラシー(情報機器の操作 )に関するオントロジーの構築
加納寛子, 菱田隆彰, 長谷川元洋, 古崎晃司, 日本科学教育学会第38回年会,2014年9月13日-15日

34. 「情報モラル」分野の情報リテラシーオントロジーの構築
長谷川元洋, 加納寛子, 菱田隆彰, 古崎晃司, 日本科学教育学会第38回年会,2014年9月13日-15日

35. 「情報通信技術」分野の情報リテラシーオントロジーの構築
菱田隆彰, 加納寛子, 長谷川元洋, 古崎晃司, 日本科学教育学会第38回年会,2014年9月13日-15日

36. 「問題解決」・「情報システム」分野の情報リテラシーオントロジーの構築
古崎晃司 , 加納寛子, 菱田隆彰, 長谷川元洋, 日本科学教育学会第38回年会,2014年9月13日-15日

37. 情報リテラシー(情報分析分野 )に関するオントロジーの構築
加納寛子, 菱田隆彰, 長谷川元洋, 古崎晃司, 日本科学教育学会第38回年会,2014年9月13日-15日

38. 情報リテラシーオントロジーの試作
古崎晃司 ,加納寛子,菱田隆彰,長谷川元洋,今井亜湖, 第32回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2014年3月5日-6日

39. SPARQL Builder: 生物学研究者が SPARQLを使いこなすための補助ツール
山口敦子,古崎晃司,呉紅艶,小林紀郎, 第32回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2014年3月5日-6日

40. 初心者向けプログラミング学習の支援ツール
菱田隆彰, 加納寛子, 長谷川元洋, 古崎晃司, 情報処理学会第76回全国大会,2014年3月11日-13日

41. 生命科学系LODと異常状態オントロジーの統合 : 疾患知識横断的把握および相互運用に向けて
山縣友紀, 古崎晃司, 今井健, 大江和彦, 溝口理一郎, 2014年度人工知能学会全国大会(第28回),2014年5月12日-15日

42. 専門文書とLinked Open Data を用いたバイオミメティクス・オントロジーの大規模化の試み
多田恭平, 古崎晃司, 來村徳信, 溝口理一郎, 2014年度人工知能学会全国大会(第28回),2014年5月12日-15日

43. オントロジーとLinked Data に基づくバイオミメティック・データベースの構築
古崎晃司 , 多田恭平, 來村徳信, 溝口理一郎, 2014年度人工知能学会全国大会(第28回),2014年5月12日-15日

44. オントロジー内の is-a 階層の相似性に基づいた内容洗練システムの開発
増田壮志, 古崎晃司, 2014年度人工知能学会全国大会(第28回),2014年5月12日-15日

45. 台湾における情報リテラシー教育
加納寛子, 長谷川元洋, 古崎晃司, 菱田隆彰, 日本教育情報学会第37回年会,2013年9月6日-8日

46. 韓国における情報リテラシー教育
長谷川元洋, 加納寛子, 古崎晃司, 菱田隆彰, 和田勉, 青木浩幸, 日本教育情報学会第37回年会,2013年9月6日-8日

47. プログラミング初等教育を円滑に進めるための教育支援システムの検討
菱田隆彰, 加納寛子, 長谷川元洋, 古崎晃司, 日本教育情報学会第37回年会,2013年9月6日-8日

48. 情報リテラシーオントロジー構築に向けた基礎的考察
古崎晃司 , 加納寛子, 菱田隆彰, 長谷川元洋, 日本教育情報学会第37回年会,2013年9月6日-8日

49. SNS利用者が身につけておくべき情報リテラシー能力についての考察
長谷川元洋, 加納寛子, 菱田隆彰, 古崎晃司, 日本教育情報学会第37回年会,2013年9月6日-8日

50. 文部科学省検定教科書高等学校「情報」の用語分析
加納寛子, 菱田隆彰, 長谷川元洋, 古崎晃司, 日本教育情報学会第37回年会,2013年9月6日-8日

51. 生物多様性を規範とした材料技術開発支援に向けたバイオミメティック・オントロジーの試作
古崎晃司 , 來村徳信, 溝口理一郎, 2013年度人工知能学会全国大会(第27回),2013年6月4日-7日

52. 医療知識基盤の構築に向けた臨床医学オントロジーのLOD 化の検討
古崎晃司 , 山縣友紀, 国府裕子, 今井健, 大江和彦, 溝口理一郎, 2013年度人工知能学会全国大会(第27回),2013年6月4日-7日

53. コンテキストに依存した定性値を扱う生物表現型統合データベースの試作
桝屋啓志, 古崎晃司, 大江和彦, 溝口理一郎, 2013年度人工知能学会全国大会(第27回),2013年6月4日-7日

54. Is-a階層の相似性を双方向に利用したオントロジー内容洗練方法の考察
増田壮志, 古崎晃司, 2013年度人工知能学会全国大会(第27回),2013年6月4日-7日

55. オントロジーにおけるis-a 階層の相似性を利用した内容洗練方法の提案
増田壮志,古崎晃司, 第29回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2013年3月26日-27日

56. 大規模オントロジーの知的探索に向けた多段階展開型概念検索システムの開発
北河祐作,古崎晃司, 第29回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2013年3月26日-27日

57. オントロジーとLinked Dataに基づくバイオミメティック・データベース構築に関する考察
古崎晃司 ,北河祐作,來村徳信,溝口理一郎, 第28回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2012年10月5日-6日

58. 持続可能性問題へのLinked Open Dataの利用を支援するオントロジーの設計プロセス
熊澤輝一,古崎晃司,太田衛,溝口理一郎, 第28回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2012年10月5日-6日

59. 多段階展開型オントロジー内概念検索システムの試作
北河祐作, 古崎晃司, 溝口理一郎, 2012年度人工知能学会全国大会(第26回),2012年6月12日-15日

60. Is-a 階層の相似性に基づくオントロジー内容洗練支援システムの試作
古崎晃司 , 増田壮志, 溝口理一郎, 2012年度人工知能学会全国大会(第26回),2012年6月12日-15日

61. 異常状態オントロジーとその応用
山縣友紀, 国府裕子, 古崎晃司, 今井健, 大江和彦, 溝口理一郎, 2012年度人工知能学会全国大会(第26回),2012年6月12日-15日

62. オントロジー高度利用のための多段階展開型検索手法の提案
北河祐作, 古崎晃司, 溝口理一郎, 第26回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2011年12月14日

63. 我が国における臨床医学オントロジー研究開発の現状と今後の展望
今井健, 古崎晃司, 国府裕子, 山縣友紀, 溝口理一郎, 大江和彦, 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会 (SLUD)医療情報コミュニケーションシンポジウム,2011年10月2日

64. ユーザの視点に基づくis-a 階層の動的生成システムの提案
日原圭佑, 古崎晃司, 溝口理一郎, 第91回 知識ベースシステム研究会, 2011年1月27日-28日

65. 臨床医学オントロジーにおける疾患連鎖モデルの考察
古崎晃司 , 国府裕子, 今井健, 大江和彦, 溝口理一郎, 第24回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2011年6月22日-23日

66. 災害リスクおよび災害リスク対策知識の構造化と利用〜オントロジー工学からのアプローチ〜

垂見晋也,古崎晃司,長坂俊成,臼田裕一郎,佐藤隆雄,池田三郎,李泰榮,溝口理一郎, 第24回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2011年6月22日-23日

67. 疾患オントロジーにおけるバランス複合異常と汎用異常連鎖に関する考察
山縣友紀, 国府裕子, 古崎晃司, 今井健, 大江和彦, 溝口理一郎, 2011年度人工知能学会全国大会(第25回),2011年6月1日-3日

68. 「法造」におけるオントロジーの品質保証に関する一考察
太田衛, 古崎晃司, 溝口理一郎, 第22回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2010年7月23日

69. ユーザの視点に基づいたis-a 階層の動的生成に関する基礎的考察
日原圭佑, 古崎晃司, 溝口理一郎, 2010年度人工知能学会全国大会(第24回),2010年6月9日-11日

70. 概念マップによるオントロジー構築・洗練支援に関する基礎的考察
太田衛, 古崎晃司, 溝口理一郎, 2010年度人工知能学会全国大会(第24回),2010年6月9日-11日

71. 上位オントロジーに基づいた生物表現型データ記述の考察
桝屋啓志, 田中信彦, 脇和規, 櫛田達矢, 古崎晃司, 溝口理一郎, 2010年度人工知能学会全国大会(第24回),2010年6月9日-11日

72. 実践的オントロジー構築技法 : 臨床医学オントロジーを例として
古崎晃司 , 国府裕子, 今井健, 大江和彦, 溝口理一郎, 2010年度人工知能学会全国大会(第24回),2010年6月9日-11日

73. 臨床医学オントロジーに基づく医学電子辞書の自動生成
周俊,国府裕子,太田衛,古崎晃司,今井健,大江 和彦,溝口 理一郎, 2009年度人工知能学会全国大会(第23回), 2009年6月17日-19日

74. オントロジーに基づく医療知識ナビゲータ
周俊,国府裕子,太田衛,古崎晃司,今井 健,大江 和彦,溝口 理一郎, 2009年度人工知能学会全国大会(第23回), 2009年6月17日-19日

75. ドメイン知識俯瞰のためのオントロジー探索ツールの開発
廣田健,古崎晃司,齊藤修,溝口理一郎, 2009年度人工知能学会全国大会(第23回), 2009年6月17日-19日

76. 臨床医学オントロジーの構築とその基本思想
古崎晃司 ,国府裕子,周俊,今井健,大江和彦,溝口理一郎, 第19回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2008年12月3日

77. 臨床医学オントロジー構築における人体構造と疾患概念に関する基礎的考察
国府裕子,周俊,古崎晃司,今井健,大江和彦,溝口理一郎, 第28回医療情報学連合大会(第9回日本医療情報学会学術大会),2008年11月23日-25日

78. オントロジー工学的観点に基づくSemantic Web アプリケーションの傾向分析
古崎晃司 , 林雄介, 笹島宗彦,溝口理一郎, 2008年度人工知能学会全国大会(第22回),2008年6月11日-13日

79. OWLを用いたロール概念表現モデルに関する考察
周俊,国府裕子,古崎晃司,溝口理一郎, 2008年度人工知能学会全国大会(第22回),2008年6月11日-13日

80. 知識構造化システムにおける機能と性質に関するオントロジー的考察
垂見晋也,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎, 2008年度人工知能学会全国大会(第22回),2008年6月11日-13日

81. インスタンス管理問題におけるロール理論の洗練
遠藤諭,古崎晃司,溝口理一郎, 2008年度人工知能学会全国大会(第22回),2008年6月11日-13日

82. 臨床医療オントロジーの構築に関する基礎的な考察
国府裕子, 周俊, 古崎晃司,今井健,大江和彦, 溝口理一郎, 2008年度人工知能学会全国大会(第22回),2008年6月11日-13日

83. オントロジー俯瞰のための概念マップ生成ツールの開発
廣田健,古崎晃司,溝口理一郎, 2008年度人工知能学会全国大会(第22回),2008年6月11日-13日

84. ロール理論の拡張によるインスタンス生成・消滅問題の考察
遠藤諭,古崎晃司,溝口理一郎, 第17回セマンティックウェブとオントロジー研究会, 2008年2月25日

85. オントロジー工学的立場から見たオントロジー利用研究の分類と考察
古崎晃司 ,來村徳信,溝口理一郎, 第17回セマンティックウェブとオントロジー研究会, 2008年2月25日

86. ロール理論におけるインスタンス生成・消滅問題
遠藤諭,古崎晃司,溝口理一郎, 知能ソフトウェア工学研究会,信学技報, 107(212), KBSE2007-26, pp. 67-72, 2007年9月10日-11日

87. オントロジー工学的立場から見たオントロジー利用研究の分類と考察
古崎晃司 ,來村徳信,溝口理一郎, 2007年度人工知能学会全国大会(第21回),2007年6月20日-22日

88. ナノテク材料設計支援のための材料種選択支援の枠組みの開発
垂見晋也,古崎晃司,來村徳信,田中秀和,溝口理一郎, 2007年度人工知能学会全国大会(第21回),2007年6月20日-22日

89. 「法造」によるオントロジーの分散共同構築支援
古崎晃司 ,來村徳信,溝口理一郎, 第15回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2007年3月30日-31日

90. Web2.0 時代のオントロジー利用雑感−ライトウェイトからヘビーウェイトまで−
古崎晃司 ,來村徳信,溝口理一郎, 第14回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2006年11月21日

91. 軽量オントロジーを用いた簡易型Web コンテンツ管理システムの開発
古崎晃司 ,飯田哲也,來村徳信,溝口理一郎, 2006年度人工知能学会全国大会(第20回),2006年6月7日-9日

92. OWLSWRL を用いたロール概念の取り扱いに関する一考察
砂川英一,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎, 2006年度人工知能学会全国大会(第20回),2006年6月7日-9日

93. 方式知識蓄積機能・過去の設計過程の保存機能を用いた統合的設計支援システムの開発
垂見晋也,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎, 2006年度人工知能学会全国大会(第20回),2006年6月7日-9日

94. オントロジー工学に基づくナノテク材料の機能・製造プロセス知識統合的記述システムの開発
垂見晋也,古崎晃司,來村徳信,田中秀和,川合知二,中山忠親,新原晧一,溝口理一郎, 第139回知能と複雑系研究発表会, 情報処理学会研究報告, 2005-ICS-139, pp.151-156, 2005年3月14日-16日.

95. Semantic Web アプリケーションの開発に向けたオントロジー構築・利用環境「法造」の拡張
古崎晃司 ,太田衛,砂川英一,來村徳信,溝口理一郎, 2005年度人工知能学会全国大会(第19回),2005年6月15日-6月17日

96. オントロジーにおけるコンテキストに依存する概念の取り扱い
砂川英一,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎, 2005年度人工知能学会全国大会(第19回),2005年6月15日-6月17日

97. 機能・製造知識統合的記述システムの開発とナノテク材料設計支援への展開
垂見晋也,古崎晃司,來村徳信,田中秀和,川合知二,中山忠親,新原晧一,溝口理一郎, 2005年度人工知能学会全国大会(第19回),2005年6月15日-6月17日

98. 知識構造化のためのナノテク材料の特性と機能に関するオントロジー的考察
垂見晋也,古崎晃司,來村徳信,渡邉英一,溝口理一郎, 2004年度人工知能学会全国大会(第18回),2004年5月31日-6月4日

99. ナノテク材料技術の知識の構造化プロジェクトにおけるオントロジーの利用
古崎晃司 ,來村徳信,渡邉英一,山形尚子,溝口理一郎, 第5回セマンティックウェブとオントロジー研究会,2004年3月22日-23日

100. 「法造」における オントロジー分散開発
砂川英一,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎, 第3回人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー研究会,2003年6月6月20日-21日

101. 依存関係管理に基づく オントロジー分散構築支援システムの試作
砂川英一,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎, 2003年度人工知能学会全国大会(第17回),2003年6月23日-27日

102. ナノテクノロジー材料合成プロセスに関する機能的知識の体系的記述の試み
垂見晋也,古崎晃司,來村徳信,渡邉英一,溝口理一郎, 2003年度人工知能学会全国大会(第17回),2003年6月23日-27日

103. オントロジー構築・利用環境「法造」を用いたSemantic Web システム開発の考察
古崎晃司 , 第3回AI若手の集いMYCOM2002,2002年6月17日-18日

104. オントロジー構築・利用環境「法造」のSemantic Web システム開発に向けた拡張
古崎晃司 ,來村徳信,溝口理一郎, 人工知能学会研究会資料 SIG-KBS-A202,pp.47-52,2002

105. 分散開発環境における複数オントロジー間の依存関係管理
砂川英一,古崎晃司,來村徳信,池田満,溝口理一郎, 人工知能学会研究会資料 SIG-KBS-A202,pp.53-58,2002

106. ナノテクノロジーオントロジーを用いた発想支援システムの設計・開発
溝口理一郎,古崎晃司, 第2回ナノテクノロジー・材料技術シンポジウム,2002年10月23日

107. オントロジー構築・利用環境「法造」を用いたオントロジーに基づくモデル構築
古崎晃司 ,來村徳信,本松慎一郎,佐野年伸,吉川真理子,池田満,溝口理一郎, 2001年度人工知能学会全国大会(第15回),2001年5月22日-25日

108. ドメインロールに関する考察に基づくオントロジー構築ガイドシステムの設計−石油精製プラントを例にして−
石川誠一,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎, 2001年度人工知能学会全国大会(第15回),2001年5月22日-25日

109. オントロジー構築・利用環境「法造」における視点管理に関する考察
古崎晃司 , 第2回AI若手の集いMYCOM2001,2001年5月21日-22日

110. オントロジー構築利用環境「法造」における「関係」および「ロール」の取り扱い
古崎晃司 ,來村徳信,池田満,溝口理一郎, 2000年度人工知能学会全国大会(第14回),2000年7月4日-7日

111. オントロジー構築に関する基礎的考察に基づく構築利用環境の実装
古崎晃司 , 第1回AI若手の集いMYCOM,2000年 5月15日-16日

112. オントロジー構築過程におけるタスク・ドメインロールの抽出・整理に関する考察〜石油精製プラントを例にして〜
石川誠一,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎, 人工知能学会研究会資料 SIG-KBS-A003,pp.19-24, 2000

113. オントロジー構築利用環境の開発〜「関係」および「ロール概念」に関する基礎的考察〜
古崎晃司 ,久保成毅,來村徳信,池田満,溝口理一郎, 人工知能学会研究会資料 SIG-KBS-9803,pp.13-18, 1999

114. オントロジー構築過程におけるロール概念の抽出と整理の方法
久保成毅,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎, 1999年度秋情報処理学会全国大会(第59回)論文集分冊2,pp.79-80, 1999

115. オントロジー構築利用環境「法造」の設計と試作
古崎晃司 ,久保成毅,來村徳信,池田満,溝口理一郎, 1999年度人工知能学会全国大会(第13回),1999年6月15日-18日

116. オントロジー構築方法AFM の詳細化の試み
久保成毅,古崎晃司,來村徳信,溝口理一郎 1999年度人工知能学会全国大会(第13回),1999年6月15日-18日

117. オントロジー構築・利用環境における「関係」記述に関する考察
古崎晃司 ,來村徳信,瀬田和久,池田満,溝口理一郎, 第57回情報処理学会全国大会講演論文集(2),pp.445-446 (1998)

118. オントロジー構築ガイドシステムの概念設計
久保成毅,古崎晃司,來村徳信,池田満,溝口理一郎, 1998年度人工知能学会全国大会(第12回),1998年6月16日-19日

119. 分散型オントロジー構築利用・環境の開発
古崎晃司 ,來村徳信,池田満,溝口理一郎, 1997年度人工知能学会全国大会(第11回)論文集,1997年6月24日-27日

総説,解説

1. コミュニティ活動を通したLOD活用のつながり LODハッカソン関西を例として−
古崎晃司 , 情報の科学と技術,67(12), pp. 633-638,2017

2. Linked Open DataLOD )の基本理念と基盤となる技術
古崎晃司 , 大学の図書館, 36(4), pp.46-47, 2017

3. 特集:「人文科学とAI
(編集)古崎晃司, 人工知能, 32(3), pp.371-427, 2017

4. 会議報告:The 15th International Semantic Web Conference ISWC 2016
古崎晃司 , 人工知能, 32(3), pp.457-459, 2017

5. 医療オントロジーの現状と展望
古崎晃司 ,今井健,溝口理一郎,高井貴子,川島秀一, 医療情報学, 36(6), pp.325-336, 2016

6. JST科学技術用語シソーラスの Linked Data化:科学技術情報をリンクする知識インフラの構築に向けて
川村隆浩, 渡邊勝太郎, 松邑勝治, 櫛田達矢, 古崎晃司, 情報管理, 59(12), pp.839-848, 2016

7. シビックテックとLOD −関西での活動を中心として−
古崎晃司 , 上田洋, 高橋徹, 情報処理, 57(7), pp.620-625, 2016

8. 会議報告:The 14th International Semantic Web Conference ISWC 2015
古崎晃司 ,川村隆浩, 人工知能, 31(2),pp.318-321, 2016

9. Linked Open Data (LOD)の概要と図書館分野での公開事例
古崎晃司 , 薬学図書館, 60(3), pp.225-230, 2015

10. オントロジー強化型シソーラス 工学者のための発想支援型情報検索を目指して
溝口理一郎, 古崎晃司, 來村徳信, 情報管理, 58(5), pp.361-371, 2015

11. 特集:「Linked Data とセマンティック技術」
(編集) 長野伸一, 古崎晃司, 人工知能学会誌, Vol. 30 No. 5 pp.560-604, 2015

12. 情報科学分野(知識処理・セマンティックWebとオントロジー)における国際会議の比較 国際会議参加を通した研究コミュニティの形成の勧め
古崎晃司, 科学教育研究, 38(4), pp.260-262, 2014

13. オントロジー利用研究の分類と傾向分析
古崎晃司 ,溝口理一郎, 人工知能学会誌,25(4), pp.475-484, 2010

14. オントロジー構築ツールの現状
古崎晃司 ,溝口理一郎, 人工知能学会誌,20(6), pp.461-472, 2005

著書,書籍編集

1. Application of Ontology for Developing Strategy Options, in Biofuels and Sustainability. Science for Sustainable Societies
Kouji Kozaki, Osamu Saito, Masahiro Matsuura, Riichiro Mizoguchi (Eds: Takeuchi K., Shiroyama H., Saito O., Matsuura M.), Springer, Tokyo, pp.185-195, 2018
https://doi.org/10.1007/978-4-431-54895-9_12

2. Open Source Solutions for Knowledge Management and Technological Ecosystems, Chapter 8 Knowledge Structuring for Sustainable Development and the Hozo Tool
Jenny S. Huang, Kouji Kozaki, Terukazu Kumazawa (Eds.: Francisco J. Garcia-Penalvo, Alicia Garcia-Holgado) , IGI Gloval, 195-221, 2017

3. トコトンやさしいバイオミメティクスの本, 757 オントロジー・エンハンスド・シソーラスって何?
溝口理一郎, 古崎晃司(下村政嗣:編集), 日刊工業新聞社, pp.134-135, 2016

4. 生物の形や能力を利用する学問バイオミメティクス,用語集
古崎晃司 ,野村周平,篠原現人,山崎剛史, 東海大学出版部,pp.145-147, 2016

5. Workshop and Poster Proceedings of the 6th Joint International Semantic Technology Conference (JIST 2016), Singapore, November 2-4, 2016
(Eds.)Kouji Kozaki, Zhichun Wang, Thepchai Supnithi, Marut Buranarach, CEUR Workshop Proceedings 1741, CEUR-WS.org, 2016

6. Semantic Technology - 5th Joint International Conference, JIST 2015, Yichang, China, November 11-13, 2015, Revised Selected Papers
(Eds.) Guilin Qi, Kouji Kozaki, Jeff Z. Pan, Siwei Yu, Lecture Notes in Computer Science 9544, Springer 2016, ISBN 978-3-319-31675-8, 2016

7. Proceedings of the 4th International Workshop on Intelligent Exploration of Semantic Data (IESD2015), Bethlehem, Pennsylvania , USA, October 12, 2015
(Eds.) Dhavalkumar Thakker, Daniel Schwabe, Kouji Kozaki, Roberto Garcia, Marco Brambilla, Vania Dimitrova. CEUR Workshop Proceedings 1472, CEUR-WS.org, 2015

8. Proceedings of the 3rd International Workshop on Intelligent Exploration of Semantic Data (IESD2014), Riva del Garda, Italy, October 20, 2014
Dhavalkumar Thakker, Daniel Schwabe, Kouji Kozaki, Roberto Garcia, Chris Dijkshoorn, Riichiro Mizoguchi, CEUR Workshop Proceedings 1279, CEUR-WS.org, 2014

9. オントロジーの普及と応用,5章オントロジー利用研究の分類と傾向分析
古崎晃司 (來村徳信:編集), オーム社, pp.91-113, 2012

10. ロボット情報学ハンドブック,1111.6 Semantic Web とオントロジー
古崎晃司 (松原仁:編集), エヌ・ティー・エス, 2010

11. Handbook on Ontologies, Chapter 14 Ontology Engineering Environments
Kouji Kozaki , Riiciro Mizoguchi (Eds.: Steffen Staab, Rudi Studer), Springer-Verlag, 2009

12. オントロジー構築入門
古崎晃司 ,來村徳信,笹島宗彦,溝口理一郎(溝口理一郎:編集), オーム社,1章, 2.4節-2.5節, 3.2.2項, 4章, 2006


外部資金の獲得実績

研究代表として受けた研究費

1. オープンデータを活用した産官学民の共創による新たな“まちづくり”のためのプラットフォームの開発
大阪大学Innovation Bridgeグラント【大型産学共創コンソーシアム組成支援プログラム】,H29-30

2. 領域横断型知識統合と領域深造型意味処理を融合するオントロジー利用フレームワーク
科学研究費補助金・基盤研究(B),H29-32

3. 広報情報・オープンデータ・ソーシャル情報の融合による地域課題の横断的分析基盤
科学研究費補助金・挑戦的萌芽,H28-29

4. オントロジーの多次元的視点管理に基づく領域横断型セマンティックデータの知的探索
科学研究費補助金・基盤研究(B)(一般),H25-28

5. オントロジー工学を用いたサイバー空間における消費者行動モデルに関する研究
民間企業との共同研究:株式会社オプト,H24

6. オントロジー工学に基づく知識の多次元的構造化アプリケーション開発プラットフォーム
科学研究費補助金・若手研究(A),H20-23

7. オントロジーベースのWeb 知識統合・管理システム開発とナノテク知識への適用
科学研究費補助金・若手研究(B), H17-19

研究分担者として受けた研究費

1. 老化現象の解明に資する、オープンデータを体系的に利用した知識推論基盤の構築
科学研究費補助金・基盤研究(B),H30-33(研究代表者:理化学研究所・桝屋啓志

2. サービスと製造プロセスのためのフェーズ・ファセット統合型デザインワークベンチ
科学研究費補助金・基盤研究(B),H29-32(研究代表者:立命館大学・來村徳信

3. 医療知識基盤にもとづく高度医療情報利活用に関する研究
厚生労働行政推進調査事業費補助金・地域医療基盤開発推進研究事業,H28-29(研究代表者:東京大学・大江和彦)

4. 生命科学の計測・観察データ相互利用のための情報技術の高度化
科学研究費補助金・基盤研究(B),H27-29(研究代表者:理化学研究所・桝屋啓志)

5. 医用知能情報システム基盤の研究開発
臨床研究等ICT基盤構築研究事業・医療ビッグデータ解析と人工知能による医療知能情報システム開発(独立行政法人日本医療研究開発機構),H27-30(研究代表者:東京大学・大江和彦)

6. オントロジー工学的行為モデルを用いたマニュアルの目的指向構造化に関する研究
科学研究費補助金・基盤研究(A), H26-31(北陸先端科学技術大学院大学・溝口理一郎)

7. バイオミメティクス・データベース構築
科学研究費補助金・新学術領域研究(研究領域提案型)(計画研究),H24-28(科学博物館・野村周平)

8. 医療情報システムのための医療知識基盤データベース研究開発
受託研究:東京大学(厚生労働省・医療情報システム開発普及等委託費),H19-27(研究代表者:東京大学・大江和彦)

9. アジア太平洋地域を中心とする持続可能な発展のためのバイオ燃料利用戦略に関する研究;オントロジーを用いた問題の構造化と政策立案支援ツールの開発
受託研究:東京大学(環境省・環境研究総合推進費),H19-22(研究代表者:東京大学・武内和彦)


TOPページへ戻る